【7/25】水谷ゼミ主催「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」Vol.4のお知らせ | 文芸ジャーナリズム論系 | 早稲田大学文化構想学部

【7/25】水谷ゼミ主催「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」Vol.4のお知らせ

みなさん、こんにちは!

水谷ゼミ主催「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」、

2017年度第4回のお知らせです。

参加、聴講自由です! 奮ってご参加ください!

★日時: 7月25日(火) 19:00~21:00(くらい)

★場所: 早稲田大学 戸山キャンパス 33号館232教室

2017自主ゼミ チラシ #4

私たち現在どこにいるのでしょうか?

どこから来て、どこへ行こうとしているのでしょうか?

様々な言葉が飛び交い、何が真実で何が虚像なのかわからなくなっている現代、

私たちは誰もが自分自身を見失っているのではないでしょうか。

この自主ゼミは、毎回ドキュメンタリー(映像)を見て、

桃山商事の清田代表と雑談しながら、

「生」に対する新たな視座を探り、少しでも見当識を取り戻そうとする試みの場です。

2017年度第4回目は、

青年団所属の俳優で介護士の菅原直樹さんが

演劇を通して認知症介護に取り組む姿を描いた

「よみちにひはくれない」を見ながら、

「生(life)」の問題、Being/Doingの問題を通し、

憲法の基本的人権の問題まで考えていければと思っています。