【12/4】翻訳家・柴田元幸先生の講演会のお知らせ | 文芸ジャーナリズム論系 | 早稲田大学文化構想学部

【12/4】翻訳家・柴田元幸先生の講演会のお知らせ

みなさん、こんにちは。

文ジャ論系主宰の講演会「翻訳の楽しみと楽しみ」のお知らせです。

 

今回は翻訳家であり、東京大学名誉教授の柴田元幸先生をゲストにお迎えします。

 

文ジャからは、聞き手・司会を松永美穂先生がつとめます。

 

★日時: 12月4日(金) 13:00~14:30

 

講演要旨 /翻訳についての「楽しみと苦しみ」ではなく、「楽しみと楽しみ」という視点からお話いただきます。

 

講演者紹介:1954年、東京生れ。米文学者・東京大学名誉教授。翻訳家。アメリカ文学専攻。『生半可な學者』で講談社エッセイ賞受賞。『アメリカン・ナルシス』でサントリー学芸賞受賞。トマス・ピンチョン著『メイスン&ディクスン』で日本翻訳文化賞受賞。翻訳の業績により早稲田大学坪内逍遙大賞受賞。アメリカ現代作家を精力的に翻訳するほか、文芸誌「Monkey」の責任編集を務める。

著書は、『ぼくは翻訳についてこう考えています -柴田元幸の意見100-』『ケンブリッジ・サーカス』『翻訳教室』など多数。

また翻訳は、『ホーム・ラン』『吠える その他の詩』『ブルックリン・フォリーズ』『サンセット・パーク』『永遠のソール・ライター』『雲』など多数。

 

視聴  ZOOM URL /  12月1日に早稲田大学文芸・ジャーナリズム論系のHPにてお知らせいたします。

申込み / 事前申込み不要です。

対 象 /学部学生・大学院生・教職員・一般

※ Zoom Webinarで開催する予定です。Zoomの受講が可能な方を対象にしています。PCやスマートフォン等の操作、環境設定、Zoomのインストール等に関するサポートはいたしかねますのでご了承ください。