【11/29】水谷ゼミ主催「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」2016 vol.6 | 文芸ジャーナリズム論系 | 早稲田大学文化構想学部

【11/29】水谷ゼミ主催「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」2016 vol.6

みなさん、こんにちは!

水谷ゼミ主催の「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」vol.6のお知らせです! 参加、聴講自由です!

「見当識と素材を取り戻すための自主ゼミ」2016 vol.6
「なぜ遺書は集められたのか――謎の調査」を見る

★日時:11月29日(火) 18:15-20:00くらい
★場所:早稲田大学戸山キャンパス 33-433教室

私たちは現在、どこにいるのでしょうか?
どこから来て、どこへ行こうとしているのでしょうか。
現在地がわからなければ、身動きも取れません。
そしてどこから来たのか、過去を知らなければ、現在地を特定することもできません。
この自主ゼミは、ドキュメンタリー番組を見ながら日本の過去の事実を知り、
少しでも見当識を取り戻そうとするための小さな試みの場です。

前回の「亡き人と再会」に続き、死者と生者の関係に焦点を合わせます。
戦後半世紀以上たって、初めて特攻隊員の遺書を目にする遺族。
死者が語りかける「ことば」から「いのち」の位置を一緒に考え、見当識を取り戻す一助としたいと思ます。

%e8%87%aa%e4%b8%bb%e3%82%bc%e3%83%9f%e3%80%80%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%80%806_01

どなたでも参加、聴講自由です!